2018年10月07日

「猫の里親募集中」



病院で一時預り中の猫ちゃん、可愛がってもらえる里親さんを募集しています!

DSC_0732.JPG


DSC_0738.JPG


元は野良猫で嫌がらせされているところを保護された子です。
高齢で目が見えず、痩せています。(2.75kg)
腎機能が悪く、貧血もあり(ノミ寄生による)、歯周病もあります。
色々ハンデがありますが、性格はとても大人しくてお利口さんです!
猫エイズ、白血病は陰性です。

私が担当でお世話していますが本当にお利口さんで可愛いです!
ごはんもしっかり食べてくれて、少しずつ体重も増え、体力もついてきました!
10/9まで病院で保護していますが、10/10から別の場所にて一時預かりが決まっています。

優しい里親さんお待ちしています(^-^)


by.動物看護士 豊島
posted by tokuchan at 09:25| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

膝蓋骨脱臼



膝蓋骨は、膝の全面を保護する小さな骨です。
靭帯によって膝部につなぎとめられており、大腿骨の先の滑車と呼ばれる溝の中を滑ることでスムーズに動きます。
その滑車から内側に外れる場合を内方脱臼、外側に外れる場合を外方脱臼といいます。
小型犬では内方脱臼がほとんどで、とくにプードルやチワワ、ポメラニアンなどによく見られます。
脱臼の程度は、1~4のグレードに分けて診断されます。


本日行ったグレード4の手術をご紹介します。

種類/T・プードル
生年月日/H30年2月
性別/雌



20180922.jpg



右後肢を地面につかないという症状でご来院され、グレード4の膝蓋骨脱臼と診断を受け手術を選択されました。



手術には大きく分けて4つの工程があります。
① 内側広筋と縫工筋という2つの筋肉を剥離し、縫工筋を移植する

2018092201.jpg


② 外れにくいように滑車溝を深く削り、軟骨をはめ込む

2018092202.jpg

③ 靭帯の付着部の骨を切り、外側に移動させ固定する

2018092203.jpg


④ 靭帯を縫い縮めることで、膝蓋骨を外側に移動させる(関節縫縮術)

2018092204.jpg


当院では、この4つの工程を組み合わせた手術を行っており、成功率は高いと思います。
膝蓋骨脱臼の手術には、未だに絶対的な方法がありません。
その為、病院やドクターによって手術方法が異なります。
病院やドクターに関わらず、確実に良くなる手術ができるようになる事を願っています。


by.院長 塘田健治

posted by tokuchan at 17:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

定期検診

今月はワクチン接種もあったのと、
アリー16歳・アリス14歳・エマ10歳と高齢化が進んできたので 定期検診もしてもらうことにしました☆

1537534305010.jpg


アリーとアリスは年に一回ドックをしているので、今回は血液検査とエコーを、エマは今度避妊と乳腺腫の手術と歯石取りをするのでドックを。

1537534183425.jpg

検査の結果はアリーの腎臓の数値が少し上がってきたかな~ということで(´TωT`)
あとは特に異常もなく、
悪いところはかわりなく....でした(^-^;

定期検診やドック・歯のチェックをする事はとても大切です(^-^)☆
美容室ではノミダニのチェックや耳の汚れ、皮膚炎やしこりなど出来る限りのチェックをして、気になるところは先生に診てもらってますので気になることがあればご相談ください(^-^)☆

by.トリマー高宗
posted by tokuchan at 17:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする