2019年01月01日

今年の抱負 「受付」

明けましておめでとうございます。
昨年は、「災」がその年の漢字に選ばれたように、思わずため息をついてしまう出来事の
多い年でした。今年こそは、明るい話題が続く年になればいいですね。
今年の私の目標は、「普段からの整理整頓」です。小学生みたいで、恥ずかしいのですが、
この歳になってなおさら 「整理整頓」が物事の基本であると実感するようになりました。
忙しいと、ついつい面倒なことを後回しにして、その結果、どこから手をつけていいか
わからない状態になってしまったことが何回かありました。そして、そういう状態の時って、
殆どやる気も失せているし... このままいくと、片付けのできない老人になりそうで、
こわいです。(真面目にそう思います) できるだけ周りに迷惑をかけない老後を目指して、
おばちゃんは今年初心にもどります。

DSC_0380.JPG



by.ともだ奥







明けましておめでとうございます。去年はまた1人子を出産し、あっというまに時が過ぎた1年でした。2児の母となり、コンビニに行くのとと同じくらいの回数小児科に通った気がします(^_^;)どこの小児科も待ちがながく帰る頃にはずいぶん時間が経っており、普段待たせてしまっているうちの患者さん方にも申し訳ないなあと感じました。お薬の処方や会計など受付でも出来るだけお待たせせずに対応できるようがんばっていきたいです。今年もどうぞよろしくお願いします。


by.本田 愛夏




⚫健康になる
コレステロールを下げてあわよくばダイエットに成功する
⚫ミスのない正確な仕事をする

です!
よろしくお願い致します。


by.岩永 そのみ

posted by tokuchan at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

パビーパーティ


10月20日土曜日
パビーパーティが行われました( ^ω^ )
今回も、先月に続き、、なんと!!
9匹のパピーたちが参加して下さいました!!

・社交的なパピヨンの藤田ひめちゃん(6ヶ月)
・上手にタッチができるチワワの坂口チャコちゃん(4ヶ月)
・元気いっぱいのマルチーズ×トイプードルの長谷川レオくん(6ヶ月)
・なつっこいキャバリア×トイプードルの益田スヌープくん(5ヶ月)
・1番小さいのに元気いっぱいマルチーズの木庭ナナちゃん(3ヶ月)
・わんぱく元気なパピヨン×マルチーズの塚本きなこちゃん(6ヶ月)
・ペロペロ甘えるパピヨンの森崎サラちゃん(4ヶ月)
・抱っこ大好きトイプードルの牛嶋ラテちゃん(4ヶ月)
・遊ぶのが大好きなチワワの國井こつぶちゃん(4ヶ月)




いつものように、先生を中心に円になり、自己紹介しながら抱っこや、なでる練習をしました!

image1.jpeg

そして、おやつを使ってアイコンタクトの練習へ!


床に放して自由時間☆


image2.jpeg


image3.jpeg



最初前に出るのを怖がってた子も、最後の方では積極的に前に出て遊び始めました!!


今回も多数のご参加ありがとうございました!!
9匹もいると終始にぎやかでした☆


image4.jpeg


パピーパーティーは、しつけ教室というよりも保育園のような教室です( ^ω^ )
子犬を飼われた方はぜひ参加されてみてください( ^ω^ )


by.動物看護師 生喜みか

posted by tokuchan at 20:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月23日

異物の誤飲

子犬や子猫は思いがけないものを飲み込みがちです。ボール、プラスチック片、紐など、遊んで口にくわえているうちに誤って飲み込んでしまいます。小さなものはそのまま便と一緒に排泄されますが、食道や胃、腸に詰まってしまうと大変です。今回は小腸に異物が詰まってしまった症例をご紹介します。

種類:日本猫
年齢:5カ月齢
性別:雄

症状として、昨日からの食欲不振と複数回の嘔吐、発熱が認められました。

腹部超音波検査では、小腸内に大量の液体が貯留しており、その下流の小腸に異物らしきものが詰まっている像が認められました。

手術では、小腸からおよそ1 cm大のスポンジマットの切れ端が摘出されました(図1、2)。その他、腹膜炎などはなく、術後も良好に回復しました。

IMG_1813.JPG

図1:小腸内の異物



IMG_1815.JPG

図2:摘出された異物(スポンジマットの一部). およそ1 cmの大きさであった

一般的に腸が異物等で閉塞すると、嘔吐、食欲不振のほか、嗜眠や下痢を伴うこともあります。さらに腸が破れて腹膜炎を起こすと、瀕死の状態に陥ることがあります。
子犬や子猫を飼われる際には、食欲や元気などの様子のほかに、遊んでいる玩具の個数・状態をしっかり把握し、飲み込んでいないかチェックしておく必要があります。

by.獣医師 本田

posted by tokuchan at 13:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする