2017年06月11日

食中毒について

今回はカンピロバクターによる食中毒についてのお話です。
カンピロバクターは細菌の一種で、普段は動物の腸内や環境中に生息しています。国内のカンピロバクター食中毒の発生数は多く、昨年度はノロウイルスに次いで第2位でした。例年6月が発生のピークとなっており、本年度も今月の発生が多くなると予想されます。
カンピロバクター食中毒の原因食で最も一般的なものは鶏肉で、汚染された未処理の食べ物を摂取すると、およそ2~5日後に下痢などの症状が起こります。
カンピロバクター食中毒の第一の予防は完全に加熱することです。また、生肉でサラダなどを汚染しないことも重要です。ちなみに鶏卵からカンピロバクターが分離されることはなく、カンピロバクター食中毒の原因とはならないようです。


2018060901.jpg




By 獣医師 本田
posted by tokuchan at 00:14
"食中毒について"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。