2018年09月22日

膝蓋骨脱臼



膝蓋骨は、膝の全面を保護する小さな骨です。
靭帯によって膝部につなぎとめられており、大腿骨の先の滑車と呼ばれる溝の中を滑ることでスムーズに動きます。
その滑車から内側に外れる場合を内方脱臼、外側に外れる場合を外方脱臼といいます。
小型犬では内方脱臼がほとんどで、とくにプードルやチワワ、ポメラニアンなどによく見られます。
脱臼の程度は、1~4のグレードに分けて診断されます。


本日行ったグレード4の手術をご紹介します。

種類/T・プードル
生年月日/H30年2月
性別/雌



20180922.jpg



右後肢を地面につかないという症状でご来院され、グレード4の膝蓋骨脱臼と診断を受け手術を選択されました。



手術には大きく分けて4つの工程があります。
① 内側広筋と縫工筋という2つの筋肉を剥離し、縫工筋を移植する

2018092201.jpg


② 外れにくいように滑車溝を深く削り、軟骨をはめ込む

2018092202.jpg

③ 靭帯の付着部の骨を切り、外側に移動させ固定する

2018092203.jpg


④ 靭帯を縫い縮めることで、膝蓋骨を外側に移動させる(関節縫縮術)

2018092204.jpg


当院では、この4つの工程を組み合わせた手術を行っており、成功率は高いと思います。
膝蓋骨脱臼の手術には、未だに絶対的な方法がありません。
その為、病院やドクターによって手術方法が異なります。
病院やドクターに関わらず、確実に良くなる手術ができるようになる事を願っています。


by.院長 塘田健治

posted by tokuchan at 17:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
2019年9月27日と28日は、坂本先生と本田先生がセミナーのためお休みになります。
院長のみでの診療になりますので混み合うと思います。ご迷惑をお掛けします。