2013年06月30日

受付の花

2013063000.jpg



孔雀アスター(クジャクアスター)


2013063001.jpg

開花時期は7月-10月
元々は白花で白孔雀と呼ばれているが、最近は交配により
ピンク、紫、青、藤色などがあります。


トルコキキョウ


2013063002.jpg
2013063003.jpg


アメリカ合衆国テキサス州周辺が中心で高地から低地まで広く生息する
乾燥した地域で生育するが、地下水の高い湿った場所に生えます。
色は、紫、稀に白、ピンク、黄色があります。


サンダーソニア


2013063004.jpg



南アフリカ共和国東部の旧ナタール共和国などの高地が原産地であり、1851年ジョン・アンダーソンが発見。
現在は、ニュージーランドなどで盛んに生産され、生け花、フラワーアレンジメントで利用されています。

薄黄色 橙色の提灯型の花です。

グロリオサ(インドリリー)


2013063005.jpg


英語でGlory Lily(栄光のゆり)又はFlame Lily(炎のユリ)と呼ばれる事もあります。
ジンバブエの国花であり、かつてローデシアの国花でもあった。そうです。
乾季のないモンスーン気候に適しているそうです。
球根がヤマノイモやナガイモの担根体に似ているが、コルヒチンやグロリオシンという毒(アルカロイド)が含まれているため、食べると危険です。



オリエンタルリリー


2013063006.jpg

開花時期 7-8月
日本の山百合や鹿の子百合、さく百合等を元に交配された大輪で香が高い百合です。半日陰を好みます。


皆さんはどの花が好きですか? ちなみに私は、サンダーソニアが可愛くてみてると癒やされます。

by.動物看護士 坂本 佳保理
posted by tokuchan at 19:02| Comment(0) | 色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください