2014年03月10日

椎間板ヘルニア(胸腰部)について

20140310001.JPG


これは脊髄造影を行ったミニチュアダックスのレントゲン写真です。
よくみると脊髄のラインが途中で途切れてしまっているのがわかります(赤矢印)。

20140310002.JPG


椎間板とは椎骨(簡単にいうと背骨のこと。)と椎骨の間にある軟骨のことです。衝撃を吸収したりするクッションの役割を持っています。
ヘルニアとは何かしらの臓器が本来あるべき位置から違う位置に移動、突出してしまうことです。

椎間板ヘルニアとは椎間板が元の位置から脱出、突出し脊髄を傷害、圧迫することです。

症状は軽いものであれば、疼痛です。
何かの拍子にキャンとないたり、いつもより動きたがらない、ソファや階段などを上り下りしたがらないなどの症状が現れます。
症状が重くなってくると、麻痺が出ることもあり、突然後ろ足が立たなくなったと来院される場合もあります。
多くは投薬と安静で改善しますが、状況によっては手術が必要な場合もあります。


写真のダックスは後ろ足がほとんど立たないまま手術となりましたが、抜糸時はフラフラはしますが、自分で歩けるようになるまで回復することができました。

手術をしても十分な改善が認められない子ももちろんいます。
おうちのわんちゃんが上記のような症状がでたらすぐに動物病院へ受診されてください。
よくみられる犬種はミニチュアダックス、ウェルッシュコーギー、トイプードル、チワワなどです。

by.獣医師 坂本
posted by tokuchan at 18:52| Comment(0) | 医療日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご報告

受付に設置してあります、人と動物のふれあい活動】への支援募金ご協力ありがとうございました。




     募金額 7,036円



994248683489.jpg




お預かりさせていただきました募金は、アニマルセラピー
(高齢者施設、病院、学校などを訪問し動物のもつ優しさにふれていただくこと)を
推進する公益社団法人 日本動物福祉協会 JAHA  へお届けいたします。

心からの感謝とともにご報告とさせていただきます。

by.受付  塘田 愛夏
posted by tokuchan at 18:47| Comment(0) | 動物看護士(スタッフ)の日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

円君の日記No.151


15101.jpg

15102.jpg

15103.jpg

15104.jpg

15106.jpg


by.たかど円にゃ~ん𕾑𕾒𕾓𕾔揺れるハート
posted by tokuchan at 19:24| Comment(0) | 手紙&画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。