2011年03月26日

円君の日記No.10

11032611.jpg

11032612.jpg

11032613.jpg

11032614.jpg

11032615.jpg


by.たかど円にゃ~ん揺れるハート揺れるハート揺れるハート
posted by tokuchan at 10:32| Comment(0) | 手紙&画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第2回パピーパーティー

3月19日(土)第2回パピーパーティーが行われました。
今回の参加者は・・・

チワワのリンちゃん(4ヶ月)
イタグレのビータちゃん(4ヶ月)
キャバリアのてんちゃん(3ヶ月)
ダックスのマロンちゃん(4ヶ月)
トイプードルのティアラちゃん(5ヶ月)
チワワのさくらちゃん(1歳)
同じお家のチワワのミルクちゃん(3ヶ月))
そしてお馴染みカナちゃん(今回はモデル犬)

ナント全部で8匹!!!
みなさん参加していただいてとても嬉しいです(^^)☆

まずは、フリータイム。
わんちゃんをリードをつけたままお部屋に放します。

11032601.jpg11032602.jpg


この時間がすごく大切な時間になるのです。
仔犬同士のじゃれあいの中で
その子が学ぶことはたくさんあります。
どのくらいじゃれあって噛み付いたら
相手が痛がったり嫌がったりするだとか、
相手の限度を知ることでもあります。

また、最初怖がって身動きできない子も
時間とともに慣れていったり
相手の匂いをかぎにいったりすることだけでも
大きな一歩だと思います。

今回クラスで元気がよかった子も
最初、どの子にも突進していき相手に怒られてましたが、
徐々に分かってきたのか最後の方では
上手くみんなとじゃれあってました^^☆

11032603.jpg

最初怖がって椅子の下にもぐってたりしてた
  ティアラちゃんも・・・


11032604.jpg

後半では
お友達の匂いを嗅ぎにいきました!!

11032605.jpg

11032606.jpg


元気いっぱいでテンションアゲアゲだったビータちゃんも
後半落ち着いてきました!!


そしてわんちゃんを抱いたまま自己紹介。
仰向けにして、耳から体全体、爪先までゆ~くり優しく触っていきます。

11032607.jpg


このトレーニング、仔犬の時にはすごく大切になってきます。
触られることに慣れてない子は
大人になって爪きりや耳掃除を嫌がったりします。


11032608.jpg


11032609.jpg


今回ナントみんなリラックスして寝てしまう子がほとんど・・・笑
みんな良い子です~♪


あっという間に終わりの時間がきました。
(わんちゃんからしたら長い時間だと思いますが・・・)

今回、家族みんなで参加されていたのが印象的でした。
家族で飼われてる方はぜひ家族みなさんで参加されて
家族みんなでしつけをされて下さい^^♪

今回初めて参加して
仔犬の社会化期の大切さ
パピークラスの大切さ
そして楽しさを
あらためて実感することができました。


次回は4月16日(土)になっております。
参加ご希望の方は電話または受付で申し込みされてください☆^^☆

11032610.jpg




by.動物看護士  生喜みかでした(^O^)♪
posted by tokuchan at 10:20| Comment(0) | 動物看護士(スタッフ)の日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「今、この時に」

東北で震災があり、2週間たちました。
幸い、九州にはほとんど影響はありませんが、毎日、テレビの中で流れる驚きの映像に衝撃を受け、離れていてもどれだけ大変なのか想像するだけでも心が痛みます。

ただ、どれだけ心が痛んでも、たくさんの人が苦しんでる、今こんな時に、私たちは直接みることもなければ、肌で感じることも難しいです。
私たちが、できる事は何なのでしょうか?

被災地では、大勢の人、そして動物が苦しんでいます。
どうしても捨てられたり、放置されるペットも多数いると聞きます。
被災された方達に対してはもちろん、動物医療・動物福祉にたずさわる仕事に就いてる立場で、何かそのような被災したペット・動物に対してもできることがないか。
もちろん人が優先されるべきで、動物のことを言っている状況ではないような場所もあるとは思います。
ただ、日常生活で動物から与えられるものは大きく、少しでもそれに対して恩返しを含めた行動がとれないか考えています。日本獣医師会等が緊急時の動物支援をふくんだ団体を運営していたり直接は無理でも、間接的にでも何かできる事は、と考えています。

だんだんと復興が進んでいくなかでも、どんどん問題は新しく出てくるでしょうし、最初のショック・悲しみを忘れてはいけないと思います。
自分に今、何かできないか、何ができるのか考えながら、行動、生きていくこと。そして、近くにいつもいてくれて当たり前の家族・周囲の人・動物たちを大事にしていくことの大切さをあらためて感じさせられました。

今、災害から一生懸命立ち直ろうとしている方達、原発で命をかけて復旧作業をされている方達、その家族、多くの動物たち、少しでも笑顔が戻ることを願っています。
頑張りを見てるとむしろこっちが励まされています。僕も愚痴とか言ってる場合じゃないですね。負けないように、がんばらねば!!です。

by.獣医師 道祖利幸
posted by tokuchan at 10:04| Comment(0) | 医療日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする